甘村商会本館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ DVD ≫ ヤッターマン てんこ盛りブルーレイ [Blu-ray]

ヤッターマン てんこ盛りブルーレイ [Blu-ray]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ヤッターマン てんこ盛りブルーレイ [Blu-ray]ヤッターマン てんこ盛りブルーレイ [Blu-ray]
出演:櫻井翔 /福田沙紀 /生瀬勝久 /ケンドーコバヤシ /岡本杏理
バップ
発売日 2009-09-25




邦画では久々のヒット 2009-07-15
どこまで実写化されているか、あまり期待せず見たけど予想以上に楽しめた。

深キョンのドロンジョと生瀬勝久のボヤッキーはハマり役で、
完全に主役を食っていた。
ただしクライマックスの阿部サダヲの1人芝居はいらない。
せっかくいいテンポで物語が進んでいたのに台無でした。

原作ファンなら見に行って損はないと思います。
注意点ですが、気軽に笑えない下ネタがけっこうあるので、
子供と鑑賞する場合は気をつけたほうがいいかも。
映画館の親子連れは明らかに引いていました。

製作者も楽しんでるな 2009-07-12
原作アニメを忠実に実写化した作品に仕上がっています。
ドロンジョ様率いるドロンボー一味の行動を中心に物語が進むとか。
「ポチッと」「説明しよう」「今週のビックリドッキリメカ、発進!」などの名フレーズが出てくるとか。
ヤッターマンは正義の味方だけど、一号は彼女以外の女性に目が行くたらしとか。

この一号のたらしっぷりが、実写化でも健在。一号演じる櫻井翔は役得ですね。
女の子の太ももにサソリが刺したとき、彼女の二号を追いやって吸いに行ったりとか。
なおも追いすがる二号を「邪魔するな」と投げ飛ばすとか。
ドロンチョ様を瓦礫から助けた後、うっかり唇と心を奪ったりとか。

また、制作費を注ぎ込んで制作側が楽しんだと思われるシーンも数々あります。
「全国の女子高校生のミナサマ」が口癖のボヤッキーが描く夢の世界とか。
ドロンチョ様の衣装とか。
等身大のヤッターワン・ヤッターキングとか。
このあたりをBlu-rayなら見応えありそうだな。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会本館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。