甘村商会本館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ DVD ≫ 007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]

007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]
出演:ダニエル・クレイグ /オルガ・キュリレンコ /マチュー・アマルリック /ジュディ・デンチ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日 2009-06-26




前作が傑作だっただけに評価は分かれると思いますが個人的には悪くない 2009-07-14
前作の「カジノロワイヤル」が傑作だっただけに評価は分かれると思いますが、個人的には、D・クレイグのJ・ボンドには躍動感が溢れ、シリーズの伝統をある程度守りつつ現代風に変化しようとしていることがよく分かり、秘密兵器に頼ることなく生身の人間としての活躍や葛藤が描かれ、シリーズ全体を通じて決して悪くない出来と思います。

カジノ・ロワイヤルの方が面白かった 2009-07-12
まいったでござる。ダニエル・クレイグの007、
カッコいいのに、今回はハマれなかったんです。

いや、前作は面白かったんですよ!新鮮味あって
ワクワクして映画館で2回見たぐらいなんです!

でも、なりふりかまわず一生懸命で必死なところが、
007のボンド君と思えず淋しいものがあった・・。

以前のボンド君は、ゴージャスでスマートな紳士で、
余裕たっぷり。ユーモアがあって良かったなぁ~。

色っぽい美女との絡みもないし、秘密兵器もないし、
昔のボンドファンは別の映画を見ているようだった。

でも、最後がカッコ良かったから、まあいいか~。
すぐに忘れてしまいそうな映画だった・・。

どろくささが漂うボンド。 2009-07-12
世界を股に駆けたグローバルな舞台で臨場感あふれる画面が眼前に広がり、各所で伝統シリーズの片端が散見されます。
カーアクション、ガンアクション、カンフーアクション、ボートアクション、エアーアクションとありとあらゆる手段を尽くしたアクションシーンの数々を網羅しており、豪華さが際立っています。
ただ、ダニエル・クレイグ演じるボンドは、前作のカジノ・ロワイヤルの方が俊敏なスマートさで印象深かったように感じます。
この作品も彼の冷徹無比で粘り強さと傷を負っても屈強でスピード感ある躍動がみられますが、ストーリーがちょっとどろどろし過ぎなのかもしれません。
逆に考えれば、かっこいいヒーローものを追い続け、近未来の最先端テクノロジーを感じさせるツールを利用したシーンよりも、今回の作品は、人間臭い一面をのぞかせた人情味があります。
それはその風貌から冷酷な感じを受けるダニエル・クレイグらしからぬ奇天烈を狙った作品なのかもしれません。
ボンドガールのオルガ・キュリレンコはほとんど知られていないと思いますが、表面上はさわやかで、内情に深みがあるといった演技がよかったと思います。

クレイグのボンドはかっこいい! 2009-07-11
皆さんきびしめの評価のようで。確かに前作(カジノ・ロワイヤル)がすばらしかったので、それに比べるとやや期待はずれなところもないではないですが、しかし、これはシリーズ物ですから。
ダニエル・クレイグのボンドは、やはりかっこいい!見終わってから、あの少々無造作に見える身のこなしを真似しようとしている自分にきづくことしばしば。今回の任務で、いよいよ007としては完成し、次回作からが楽しみになりました。

絶対に何かが足らない 2009-07-09
映画は2008年10月31日公開。ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドに扮する007の第2作である。制作費113,400,000ポンド。

ひとつひとつのシーンはどれもこれも秀逸で、カメラ・アングルから俳優のレベルまで全てにハイ・レベルな作品である。はっきり言ってこういうアクション・シーンの連続のような作品は日本映画には演じられる俳優も、創り出せる監督もいないと思う。それは認めざるをえない。しかし、ストーリーがまったく面白くなく(この作品の原作は、イアン・フレミングの短篇集『007号の冒険』(新版は『007/薔薇と拳銃』)に収録されている「ナッソーの夜」だそうだが、全然原作とは別物だ)、それが原因で一つ一つのシーンが素晴らしくても、感動が残らないのだ。

こういうところが何となく『良い脚本家』がいないため、韓国や日本から作品のオリジナルを逆輸入してリメイクすることが増えている原因なのではないか、と思える。昔々の『スパイ大作戦』のストーリーの見事さなどを観ると、やっぱりこの映画には何かが足らない、と思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会本館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。