甘村商会本館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ BAMBOO BLADE 11 (ヤングガンガンコミックス) |土塚 理弘

BAMBOO BLADE 11 (ヤングガンガンコミックス) |土塚 理弘

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
BAMBOO BLADE 11 (ヤングガンガンコミックス)BAMBOO BLADE 11 (ヤングガンガンコミックス)
土塚 理弘
スクウェア・エニックス 刊
発売日 2009-06-25




最終章、バニ学編スタート 2009-07-14
作者あとがきより抜粋
「この作品は五十嵐先生によるかわいい表紙イラストのおかげで
 ”美少女剣道コメディー”とすっかりダマされている人も多いかもしれませんが
 正しくは”ワンランク上のおっさんを目指してがんばる、おっさん成長マンガ”です」

バラエティ番組「バニッシュ学園」に出演することになった室江高剣道部。
しかしその番組の陰には、思いも寄らない因果が山ほど隠されていたのだった、
という伏線に大きくページを割いた11巻。
室江高そっちのけで新キャラがたくさん出てきます。アイドルとかアイドルとか、女子大生とか霊媒師とか。

普通なら新キャラの大量投下は
既存キャラの出番を減らす事になるのであまり好きではないですが
作者自身がこのエピソードで完結すると明言しているので、今後の展開が楽しみです
どう収拾させるんでしょうか。

室江高の魅力的なメンツが、全国に知れ渡る展開を妄想しつつ、
序章的な内容なので星4つ。

皮肉な結果だが、まだ今後次第の可能性も残る 2009-06-30
バニ学編と称されたTV取材が室江にくるだのこないだの、という話の続き。
今回は実際にクルーが取材の下見にやってくる。
一方ウラは頑として剣道に戻ろうとせず、ついに父親はある決心を・・・。
でもそんなことより何だかほとんどTV局サイドの話がメインの11巻。

えー、うーん、これは・・・なんだろうね。
今回は単体としてみれば面白いです。
ただ、バンブレというひとつの作品の中での11巻目として考えるとひどくおかしい。
空回りしているといって過言ではありません。
室江校が脇に追いやられるだけに留まらず、剣道そのものをそっちのけでTVスタッフや出演者のアイドルの事ばかりがフューチャーされています。
読者が読みたいものと供給がマッチしてないと言わざるを得ない印象。

しかしあとがきで土塚さん曰く、これが連載当初から一番書きたかったエピソードなのだとか。
そしてこれまでの他の話はすべて行き当たりばったりで生まれたものであり、この話だけはじっくり練って作ってあるとのこと。
ほ、本当に・・・?
そうだとするとその場その場で考え出した話の方が面白く、需給も合うということになりますが・・・。

尚、このバニ学編を持ってして完結となるそうです。
本来はもっと早くにこの話をやって終わっているはずだった所、色々な欲求が生まれてここまで長くなった、ともあとがきにあります。
結果的にはメインが蛇足になり、9巻までの追加のエピソードがメインとして一番輝いている皮肉。
当初は想定していなかった余分なものが生まれてくれて本当に良かったなぁ。
惜しむらくはそのままこのネタはお蔵入りしていてくれたなら・・・。

とまあ散々な評価ですが、バニ学編はまだほんの序章。
導入がどうであっても本筋の内容が良ければ文句はないです。
そこはさすがの土塚さんですので、今後の展開に望みをつなぎたいところ。

面白いけど 2009-06-29
無駄が多すぎる。前巻でもブラックデュランに無駄にページを割き過ぎていて
うーんと思ってしまいましたが今回は更にひどくなってしまいました。

まさに需要と供給が噛みあっていない感じ。
芸能界を掘り下げるのも悪く無いと思いますが、流石に多すぎでしょう。
特にマネージャーなんて魅力も全く無いウザいだけのキャラなのにあれだけ出されるとげんなりしてしまいます。

室江高校剣道部員の余談や剣道小町の無駄な話は大歓迎ですが、
興味が無いことやもうわかりきってることを何度も何度も繰り返されても疲れるだけです。
もう少し編集に拘って欲しいところ。次巻を楽しみにしています。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会本館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。