甘村商会本館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ XXXHOLiC 15 (KCデラックス) |CLAMP

XXXHOLiC 15 (KCデラックス) |CLAMP

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
XXXHOLiC 15 (KCデラックス)XXXHOLiC 15 (KCデラックス)
CLAMP
講談社 刊
発売日 2009-06-23




CLAMPというチーム作品でのひずみがでた失敗作。 2009-06-28
HOLICXXXも最初は幻想的、伝奇的な作品で大好きでした。しかし、ツバサとのリンクの影響でツバサの世界感に引っ張り回されて、何がなんだかわからない作品になってしまいました。ツバサに佑子や四月一日が関わるのは、ストーリー上いわかんがありませんが、最近のホリックはストーリーが意味不明で残念です。(アニメもひどかったなぁ)HOLICのキャラはとてもいいので、ツバサとは切り離して、続けてほしいですね。星2つです。(最近新刊書に低い星をつけると抹殺されるので評価の星はダミーです。)

もう終わりが近いことは分かるけれど、どう着地するのか 2009-06-27
 四月一日と書いてわたぬき。由来は4月になると綿入れから綿を抜くかららしい。これまで自分を冷たい風から守ってくれた綿を抜く。大きな変化である。作中の四月一日もその変化を迎え入れる準備をするように、侑子さんに代わって店の客をサポートする。
 そもそも綿を抜くのは、季節が変わり、空気が暖かくなったからである。四月一日の周りにも多くの人が集まり、落ち込んでいればそっと助け励ましてくれる。それはそれで心地よい。さて、季節がめぐり再び冬が来るとき、綿入れに綿が戻ることはあるのだろうか。まだそれは分からない。

侑子が初めて口にした彼女の願い 2009-06-27
”次元の魔女”として、彼女の「ミセ」を訪れる人々の願いを叶え続けてきた侑子。
その彼女が、最後に口に出した、初めての願い。
その願いと同じような言葉は、作中で何度も何度も出てきていたもなのに、
物凄く印象的でした。

…と同時に。
彼女がその存在の最後の最後まで願いをかけていた、四月一日という少年は一体何者なのか?彼の正体は『ツバサ』である程度は解き明かされたけれど、
ここに来てさらに謎が深まった感じ。

もともと『ツバサ』のオマケ的感覚で、それほど熱心に読んできたシリーズではなかったのですが、次巻が本当に待ち遠しいです。


そしてまた、闇が訪れる… 2009-06-25
限定版を買って、付録のDVDも見たのですが…あえてレビューはこちらに…

「私の願い…ね…」

「侑子さんの願いは何ですか?」
四月一日からのその言葉に、以前驚き、そして戸惑っていた侑子…

その答えが、遂に語られます。
しかして私の予想は見事に裏切られ、この巻での終結は訪れませんでした。
☆1つ落としてあるのはそのためです。
それでもなお…

この冴え冴えしい世界は、なんて美しいのでしょうか?
なんて素晴らしい鋭利さで、私達に、「世界の理(ことわり)」を教えてくれるのでしょう?

漆黒の闇から始まった(このシリーズの、黒い装丁の話ですが)この物語は、今、一度、闇の中に入りました。
四月一日は、自分の出来ることをしていくのでしょう。
この先には、一体、何が待っているのでしょうか?

私は静かに待ちたいと思います。

卵の謎と共に。



壱原侑子の消失 2009-06-23
 いよいよ物語は、「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-」同様にその着地点へと加速する。侑子、モコナ、マル、モロの失踪、そして遂には「ミセ」そのものまで――!読者的には「ツバサ」で目撃した決定的な光景が示されて、四月一日的にはこれまでただただ謎だった侑子の正体、それが端的にしかしやはり常人の理解からは地平の彼方な言葉でもって語られて、その両者により「終わり」をひしひしと肌で感じる内容となっております。
 個人的には、最近の「ツバサ」よりはまだこちらの方が物語の根幹についての説明、それについて理解出来る部分はあったかもです。それでも、「侑子や四月一日とはつまるところ何者なのか、どういった存在なのか」ということを説明しろと言われたら、下を向かざるを得ないですが。
 それらをしかし脇に追い遣るほどに、今巻での一番の見所は四月一日の「ミセ」の客の問題解決への尽力、これだと思います。さり気にこれが四月一日自身を説明し掘り下げ、またいかに周りの者達から四月一日が思われ、慕われているかというエピソードになっているのがニクい。
 最後の方はあらゆる意味で、さらっと流せるセリフは1つもなし。これはどういう意味なのか、何を言いたいのかと思案しつつ推理しつつ何時の間にか最後まで読める……読んでしまう、そんな1冊だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会本館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。