甘村商会本館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ 全脳思考 |神田 昌典

全脳思考 |神田 昌典

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
全脳思考全脳思考
神田 昌典
ダイヤモンド社 刊
発売日 2009-06-12




神田昌典、次の手はU理論・・・ 2009-07-11
ダイレクトマーケティング、フォトリーディング、マインドマップと、
海外から様々なものを輸入し、販売してきた神田さん。

その神田さんが次に見つけたのが『U理論』、ということなんでしょう。

でも、U理論ではビジネスにならない。
普通の人では理解できない。
U理論を日本の第一人者としてビジネスにするにはどうしたらいいか?

そうして、U理論の具体的な使い方を、
過去に神田さんが学び、身につけてきたものからまとめあげてノウハウ化したのが「全脳思考」モデル、
ということなんだな、と思いました。
(本のなかにもセミナーのチラシが挟み込んでありますしね。)

なので、
この本で紹介される方法はどこかで見たものであるものもありますが、
U理論はこうやって現場で使うんだよ、
ということを知って、U理論を理解するためには最適な本だと思います。


この見解があっていれば、
今後、神田さんは「U理論の第一人者」として、いろいろな場で姿を表していくのでしょう・・・


現在様々な分野において広がりつつある世界的な思考モデルの流行を、
具体的な方法を通して身につけることができる読んで損のない一冊。



パラダイムシフトの兆候? 2009-07-09
私は発売日に購入し、読み終えていました。
すぐこの本のレヴューを書こうと思ったのですが、他の方のレビュー(感想)を伺ってみたかったからです。
今更ですが、レビューします。

私見としては、やはり拒絶反応をおこす方がいるというのは予想通りでした。一方で絶賛しすぎという気もしています。
第4章のSSCや第7章のCPSというフレームワークは常によく考え、行動をおこしていれば、これらに近いものが経験則や読書などを通して習得できると思うからです。 そういう意味では、神田さんが起点となり、新しい技術や概念を大衆にわかりやすく伝え、広める力に驚かされます。洗練されたものは非常にシンプルで無駄がないのだと再認識しました。
『人生における幸せ』をキーワードに全能思考モデルを多くの個々人が使うと、世の中がより良い方向へと動き出すと思います。

唯一無比の方法 2009-07-08
神田昌典さんの最新作かつ最重要作。

これからの時代を生き抜くために
全脳思考モデルは経験する価値は、有り。

「こんなアプローチの仕方があったんだっ!」
と自分の可能性に新たな気付きが得られるでしょう。

マーケティング新5原則、出会いの深層背景など
各章毎の内容が秀逸。

出会いの深層背景についても
ダントツ企業実践オーディオセミナーにして頂きたい。

【Awareness】
 全脳思考モデル =  ワクワクした発想をもたらす、唯一無比の方法。


近未来の預言書 2009-07-08
すばらいし本です。
知識社会を生き抜くための発想転換について記された本です。
情報社会から知識社会へ必然的に変化しようとしている今、少なくとも考え方だけでも、この本より学ぶべきだと思います。
まさに、神田氏の10年の集大成が、この一冊に凝縮されているのではないでしょうか。僕は、この本はこれから10年間の預言書と捉えました。

わかりやすく丁寧に書いている 2009-07-06
正直、神田さんの本はタイトルからして胡散臭そうで、今まで1冊も読んだ事がありませんでした。
しかしながら、ある信頼のおける人からのおすすめがあり、本書を読んでみました。

すごく色々なことを深く理解しており、それを極めてわかりやすく丁寧に書いているな、という印象を持ちました。
私自身が思っていたこと・考えていたことを補強してくれる内容がたくさんあったり、意識せずにやっていたことを理論的に(?)解説してくれたり、とても参考になりました。
ただ、わかりやすいがゆえにだと思われますが、なんというか、全体的に“軽い”雰囲気がつきまとっている気がします。

このあたりの好みにより、評価に差が出ているのかもしれません。
神田さんのコンサル対象(ターゲット)は、大企業よりは中小企業が多く、しかも、すぐに効果を出すことが求められることが多い気がします。
それを考えれば、“わかりやすさ”を追求して正解だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会本館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。