甘村商会本館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ 涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊ハルヒ |作:谷川 流作:いとう のいぢ監:SOS団編:ニュータイプ

涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊ハルヒ |作:谷川 流作:いとう のいぢ監:SOS団編:ニュータイプ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊ハルヒ涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊ハルヒ
作:谷川 流作:いとう のいぢ監:SOS団編:ニュータイプ
角川グループパブリッシング 刊
発売日 2009-04-10




オフィシャル同人誌の特典 2009-04-12
オフィシャル同人誌の特典が欲しい人が購入すべきものだと感じました。
ゲームのFunBookと同様、涼宮ハルヒのファンでない人は購入しない方がよいと思われます。
アニメ、コミックが好きなだけの方は、無用の情報かもしれません。

超月刊ミクルよりは、情報があると思います。
小説との関係が明確になっていない部分からすると、
「超月刊ハルヒ アニメ版」とした方がよかったかもしれません。

声優さんのページも、みひらき2ページだけなので、期待が大きいと、
アニメのファンの方にも不満が残るかもしれません。

ハルヒものをそろえたい人、
オフィシャル同人誌の特典が欲しい人が購入するものだと思われました。

基本的にイラスト集 2009-04-11
涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊みくると共に購入。

内容を大きくまとめると、キャラクター解説・分析とイラスト。

解説はアニメ第一期が主体で、原作小説についてはあまり触れていません。
ハルヒの姓名判断や脳内メーカーを試しているのが面白かったですが、
あまり突っ込んだ内容ではありません。

イラストはもちろんカラーですが、その多くは既にニュータイプなどの
雑誌に掲載されたものやCDジャケットであり、オリジナルのものは
ごく一部です。もう何点かオリジナルイラストが欲しかったかなぁ。
とは言え、その全てを見たことがある人なんてあまりいないでしょうし、
数的にも十分ではありますが。

他に注目するものとしては、ハルヒの声優である平野綾さんのインタビュー。
第一期制作当時のことを振り返る内容になっています。

全体的にもう少しページ数が欲しかったかなという感じです。
それでも値段を考えたらこんなものだろうし、ファンなら
それなりに楽しめると思います。

ちなみに、この超月刊シリーズ4冊の帯に付いている応募券を全て集めると
(500円+αが必要だが)オフィシャル同人誌が全プレでもらえます。
応募締め切りは2009年8月10日。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会本館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。