甘村商会本館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ ゲーム ≫ マグナカルタ2 |バンプレスト

マグナカルタ2 |バンプレスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
マグナカルタ2マグナカルタ2
バンプレスト
Xbox 360 Video Game
発売日 2009-08-06


世界規模の大戦によって焦土と化した世界"ランツハイム大陸"を舞台に、南北に分かれて戦う人々の姿を壮大なスケールで描く愛と憎しみのRPG。プレイヤーは、ドラマチックに物語が展開する中、仲間とともに大陸の歴史に隠された巨大な謎に迫る。モンスターとの戦闘はリアルタイムに進行し、行動とともに消費するスタミナゲージを一定値消耗すると強力な攻撃を繰り出せる"オーバドライブ"状態に突入する。ただし、攻撃終了後は"オーバーヒート"状態となり、一定時間行動不能に陥るというデメリットもある。巨大ボスとの戦闘は、Unreal Engine3によって美麗かつド派手に描写。習得スキル発動時も迫力満点の画面エフェクトがプレイヤーを魅了する。

http://dol.dengeki.com/

現在30時間ほどプレイ時の感想 2009-08-31
まず、私の本体(アーケード)ではフリーズやバグは現在一度も確認していません。ラスレムやスト4ではフリーズしまくりの本体でしたが、この作品に関しては問題なくプレイできています。フリーズ多発の方はもしかすると本体のほうに問題があるかもしれません。ゲームの内容は、シームレス戦闘系のRPGとは思えないくらいのヒットでした。この作品をプレイするまでは、個人的に家庭用ゲーム機のシームレス戦闘系RPG=駄作という経験を得てきたので、購入時は迷いました。この作品もプレイ開始時から中盤までダラダラとお使いをさせられるイメージで進行していたので、「これはやはり駄作か・・・」と思っていたのですが、スキルが増えるにつれ、連携が楽しくなり戦闘も爽快にこなせるようになってきました。スキル発動に必要なカンを減らせるカモンドやスタミナUP・スタミナ回復UPなどのカモンドを入手してから更に自分好みの戦闘が行えるようになり、戦闘にストレスを感じません。もし、この「スタミナ」という要素がなかったら他のシームレス戦闘系同様ただのボタン連打だけのバトルになって、バトルがただの作業になっていたかと。「スタミナ」のお陰でメリハリが生まれ、戦闘に参加している感も味わえているんだと思います。今までシームレス戦闘に駄作のイメージしかなかった自分がここまで楽しめているので、マグナカルタ2のバトルシステムはある意味革新的かも、と思いました。ストーリーも王道すぎるスタートでしたが、プレイしていくと起伏がありなかなかやめられません。キャラもそれぞれに個性があって、セリフ回しに手抜きを感じませんでした。それぞれ魅力的だと思います。PTメンバーの数もちょうど良く、無駄がないと思う。今現在自分はおそらく終盤の段階かと思いますが、購入して良かったと思っています。購入されたら是非序盤だけで印象を決めないでプレイしてほしいです。気になったのは、バトル中のキャラのセリフのバリエーションが少ない、バトル中の通常移動速度が遅い上にダッシュが使いにくい、くらいです。

とても惜しい 2009-08-29
キャラも個性的でストーリーも引き込まれる

戦闘もシステムを理解するとおもしろくなる



だけどクリア後に隠しダンジョンやさらなる最強装備取得等のやりこみ要素が皆無なのが残念

実績目当てでスキルを開放するのも普通にやってれば1周目では厳しく2周以降を強いられる

取得EXPが自分と敵のレベル差で変動するためレベル70以降はレベルが上がりにくくなるためである

だからこそもっと強い雑魚敵やボスのいる隠しダンジョンが欲しかった

クリア後のやりこみ要素こそRPGの寿命に大きく関わるファクターだけに非常に惜しい作品

やりこみを目的としないライトゲーマーなら十分楽しめるのでおすすめではあるが

個人的には戦闘を含めもっと自キャラを強化してより強い敵との戦いを楽しみたかった

あれ?PSユーザーがなぜここに 2009-08-27
少なくとも白騎士より面白いらしいよ。
しかし、なぜPSユーザーがここにいんのよ。ケラケラ

良くも悪くも 2009-08-27
皆さんのレビュー通り話は王道だと思います。ただ、最近やったRPGの中ではかなりまともかもしれません。最近のRPGは話が突出しすぎ、または話がデカすぎてさすがについていけない作品も少なくないような気がしますので。ちなみにバグは今の所発見されてません。

で、システムですが各キャラにステータスやスキルの癖(特色)は多少あるものの結局はほぼ同じになる(する事が出来る)という所は惜しまれます。せっかくいいシステムなのに…と思ったりします。

戦闘はボタン1つで戦闘モード開始、同じくボタン1つで戦闘モード解除といった、「メニュー画面は停止するインフィニットアンディスカバリー」に近い印象はありました。ただ、スタミナゲージが良くも悪くもこの戦闘の枷っぽい感じで楽しいです。誰かのレビューで「すぐピヨる」と書いてましたが、チェインを発生させてブレイクさせればすぐ解消します。使いこなせてないように感じました。自分もよくピヨったりはしますが、そこが今回の戦闘の奥深さを作ってるんじゃないかと思います。あとAIはもう少し頭使ってください…

端的に表すと、普通に楽しめる普通の作品。が1番近い…かも。




最後に、イラストと3DCGのキャラ違いすぎね?


さらに詳しい情報はコチラ≫




タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会本館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。