甘村商会本館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ GA-芸術科アートデザインクラス 3 (まんがタイムKRコミックス) |きゆづき さとこ

GA-芸術科アートデザインクラス 3 (まんがタイムKRコミックス) |きゆづき さとこ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
GA-芸術科アートデザインクラス 3 (まんがタイムKRコミックス)GA-芸術科アートデザインクラス 3 (まんがタイムKRコミックス)
きゆづき さとこ
芳文社 刊
発売日 2009-08-27




待望の第3巻 2009-09-04
待ってました!の第3巻!
4コマ漫画を1冊に纏めているため、発売は一年に1回。(同誌で『クロ』を交代で連載してるため、もう少しかかりますが。)
それを待つ価値はありますよ!

少し堅くて、『う~ん…?』となりがちな美術を、愉しい4コマで、身近に感じる事ができます。


「笑える」以外のおもしろさ 2009-08-31
3冊目となる本作ですが、今回は新キャラの追加は控えめ。

主だったところではトモカネの兄の登場のみとなり、教諭陣は別として生徒側では他に新しく出てきた人は居ません。



さて、今回も要所要所にカラーページが活用されています。

カラーになっている所はさすがに「カラーでこそ」というネタ作りが多く色があるだけでも面白いです。



また、四コマという媒体であるため必ずオチをつけたり笑いを取る流れにはなっていますが、単純に読み物としての面白さもあります。

ネタがおかしくて笑うという楽しさ以外に、物語性や美術性(服飾の回では独創的な感性がとても愉快)を楽しめるのが相変わらず魅力的で良い。



尚、今回は全体的に「いつもと違う」要素が多めかも知れません。

たとえば校外へ出てみたり、制服ではなく私服姿を見ることができたり、いつも5人が当たり前の面子が一人欠けた回があったり・・・など。

その他にキョージュの和服姿を拝見することもできますし、如月は意外な・・・でもないか?特技を披露。

初登場時から既に三年だったあーさん&ぶちさんの1・2年生だった頃の話も収録しています。



中でも3巻のトリを飾っているキョージュのエピソードは個人的なお気に入り。

ほぼ常に一定の表情を保っていて変わることのない彼女ですが、微妙で些細な表情の変化が普段よりも見て取れる好エピソードでした。

次巻は来年中に出れば良い方、という作品ですが末永く見続けていきたいですね。

アニメから漫画に入った新参者ですがw 2009-08-30
タイトル通り、アニメで知ってマンガを購入しました。

この作品はとても面白いです。どのキャラクターもとても特徴的かつ魅力的で、かわいいです。

GAのキャラは、普通の高校生達なのですが、美術科の生徒。作中では美術科特有の教科が多く出てくるため、普通科だった私が経験したことのない「非日常」的な日常が新鮮です。

美術科が舞台のマンガなので、美術用語なども多く出てきますが、理解できる様にやさしく説明してくれているので、分かり易いです。カラーページ多いおかげで、色の説明などもなお分かり易い。



私がこのGAでとても面白いと思ったのが、「如月のグループ」と「芦原のグループ」の距離感です。同じ高校で、同じ美術科。しかし、一年と三年。帰宅部(たぶん)と美術部。この2つのグループは、どちらも独自のストーリーを展開しています。基本交わらない。

幼馴染がいたり、兄弟がいたり、個人的な接点はある。だから、時々交わったりする。でも、「個人」としてのみで、「グループ」で重なることはめったにない。あっても、一時的であり、かつ、あくまでも別グループのまま。ひとつのグループになることはない。

この微妙な「すれ違い感」がとても面白いです。

第三巻では、この「すれ違い」が多めで、とても面白かったです。



きゆづきさん、絵上手すぎデス。 2009-08-30
3巻になってまた個性豊かな新キャラが何人か出てきています。4コマ漫画ですが登場人物がたくさん出てきます。少しもかぶる事無くキャラが成り立っているのもさすが。



ほぼ内容は芸術関係ですが、主に‘キョージュ’さんが専門用語などを解説してくれますので美術とかかじった事のない方でも問題ないと思います。芸術好きには読まずにはいられない作品。勉強になります。



私はキョージュさんが1番のお気に入りなのですが、毎回髪形が変わるおしゃれ姫ことノダちゃんも可愛くて好きです。特に最初のページにあるポニーテールがヤバイ位可愛いデス。

意外に細かい作業が苦手なナミコさんに独創的な思考回路を持つトモカネ、ほんわかと和ませてくれる如月ちゃん、と他にも魅力的過ぎるキャラがいっぱいいます。



カラーページも綺麗の一言。3巻のカバー裏はナミコさんでした。立ち読みではなく購入してからお家で確認してください(笑)



アニメのほうから原作に流れてくる人も多いと思います。他の4コマ漫画よりは字が多いので字を読むのが苦手、と言う方もアニメと同じで楽しい作品ですので読んでみて下さい。



そう言えば、2巻の背表紙に続きノダちゃんが作中に作品批判をしていますが、きゆづきさんの絵が好きじゃない人なんていませんよね。






さらに詳しい情報はコチラ≫




タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会本館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。