甘村商会本館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ のだめカンタービレ #22 (講談社コミックスキス) |二ノ宮 知子

のだめカンタービレ #22 (講談社コミックスキス) |二ノ宮 知子

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
のだめカンタービレ #22 (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ #22 (講談社コミックスキス)
二ノ宮 知子
講談社 刊
発売日 2009-08-10




いい! 2009-08-28
ギャグ漫画のはずなのに、感動してしまった。さっそくYoutubeでショパンを聞いて場面を想像してみました。個人的には、天才ピアニストの出現にわく世界、そして大川の実家の反応に笑いました。さすがのだめの実家!

月影先生出てたよね!? 2009-08-24
ガ○スの仮面の月影先生が出てたよね?

勘違いかな?



悪魔(ミルヒー)と契約してしまったノダメと、放心千秋のこれからが気になって仕方ない!!

21巻はこれからの展開を想像してゾクゾクしながら読みましたが、22巻はフィナーレに近づく気配にドキドキです

結末が知りたいような、知りたくないような。



二人で音楽家になってハッピーエンド~じゃないのかな、とは思ってましたが

22巻でよくわからなくなりました。



ミルヒーがエロオヤジの仮面はどこへやら、無性にかっこよく見えます





いよいよ話は佳境に! 2009-08-21
例えば、まったくの無名女優がデビュー作でヌードを披露して、

いきなり主役級の役を演じたとしよう。

その時には世間の話題に上ったりするが、

女優としての人気や評価を維持していくには、

その後、大変な努力が必要になるだろう・・・。

この巻を読んで、そんな状況を思い浮かべてしまった。

「のだめ」という漫画は、

「音楽(というか芸術)を職業としてやっていくというのは、どういうことか?」

を一貫したテーマにしていると思うが、

人並みはずれた才能を持っているのだめは、

初め、プロの音楽家としてやっていく覚悟も努力も無かった。

それが千秋やオクレール先生に導かれて、

徐々に音楽を作り上げていく喜び(と同時に苦しみにも)目覚めてきた。

それが、十分な心構えも準備も出来ていないうちに

いきなり主役を演じて、世間の話題に上ってしまったのだめ。

はたしてのだめは、これからプロとしてやっていく覚悟が出来るのだろうか?

いよいよ決断の時、である。

はやく続きが読みたい!!

本当の天才は、やはり「のだめ」 2009-08-21
千秋は天才のように見えているが

本人が過去に自分で言っているように

努力型の天才、つまり秀才なのだ。



秀才と、本当の天才の間には越えられない壁がある。



天才は、いとも簡単に、いろんな事をやってみせる。

秀才は、その差を恐ろしいまでの努力で埋めなくてはならない。



今巻は、のだめの天才ぶりが世間に知られることとなり

努力型の千秋が取り残されてしまうという感が出ている。



いよいよ物語のラストへと向かうのか?





若干、絵が粗くなったような気がしますが

病気だったからでしょうか・・・心配です。

2つだけ言いたいデス 2009-08-21
簡潔な感想ですが。「恐ろしい子」と「巨神兵」受けました!最高♪

同日続けて「ピアノの森」新刊も読んで佳き音楽日和でした♪♪


さらに詳しい情報はコチラ≫




タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会本館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。