甘村商会本館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ DVD ≫ とらドラ! Scene7(初回限定版) [DVD]

とらドラ! Scene7(初回限定版) [DVD]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
とらドラ! Scene7(初回限定版) [DVD]とらドラ! Scene7(初回限定版) [DVD]
出演:釘宮理恵 /間島淳司 /堀江由衣 /野島裕史 /喜多村英梨
キングレコード
発売日 2009-07-23




進みたい。でも変わりたくない 2009-06-22
(総合6/10点)

第20話「ずっと、このまま」★★★☆☆5/10点
 なんだか微妙な雰囲気です。無理をしている姿と
 カラ元気で誤魔化している姿など、近いはずが遠回りして
 出口を見失っていくような危うさを感じました。
 次第に本音が失われつつあり、ある意味、黒板に書かれた言葉が
 確信を突いているようにさえ思えました。

第21話「どうしたって」★★★★☆8/10点
 陰湿で遠回りな嫌味、中傷、妬み、自己嫌悪、暴言に暴力。
 本心を隠した察しと思いやりが破綻し、文字通り見たくない部分を
 洗いざらい丹念に魅せる痛々しい展開に目が離せませんでした。

 演出にしろ、演技にしろ、思い通りに行かない憤りの矛先が
 他に向かう甘さ、未熟さを痛切に描く製作陣の本気の姿勢が
 ビリビリ伝わってきます。一見明るいED「オレンジ」の真意は
 もしかしたらここにあったのかも。

第22話「君のいる風景」★★★☆☆5/10点
 進路という明確な自分の行く先を題材に自分の気持ちと現実の壁の
 隔たり、惑いを丹念に描いています。とりわけ見せ掛けの躁鬱で描く
 似た者同士二人の温度差、空回り具合がさりげなく巧妙でした。
 個人的に、女心は分からない。紙面媒体では気持ちが見えてこないなど、
 確信無く、消去法で至る意思疎通の不明瞭さを批判しており感心しました。

修学旅行編 2009-03-07
雪山の修学旅行を楽しもうとする龍児ら一行を、衝撃の事件が待ち受ける。

原作の内容を凝縮して詰め込んでいるため、原作カットシーンがちと多いのが難点。

まぁそこら辺は、アニメ見た後に原作を楽しめば、2度美味しいとも言える。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会本館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。